交通事故慰謝料

交通事故を起こしてしまった場合、慰謝料の3つの基準というものが存在しているようです。あなたもそのような事故に遭遇してしまう可能性はいくらだってあるのです。

そのとき、損害賠償の額を期待してしまうのかもしれませんが、保険会社から損害賠償額の提案を受けたとき、あまりにも額の少なさに驚いてしまうかもしれません。保険会社も営利企業であって、お金など支払いしたくないと思っているのです。事故を起こした被害者の味方なんて思っていたら大きな間違いです。

慰謝料には相場は存在しているのでしょうか。そして、保険会社の提案は妥当なのでしょうか。保険会社が提示するものに対して、それなり理由は存在しているのでしょうけど、それがすべてではありません。

それが3つの基準です。自動車賠償責任保険を、略して「自賠責」です。加入することが義務付けられている保険です。損害賠償額は、自賠責法といった法律により上限が設定されていて、その上限の範囲内で損害賠償がなされることになります。(自賠責基準)そして、任意保険があり、任意保険基準は、自賠責と同じか、少し高額である程度です。

そして、もう一つは「裁判基準」または「弁護士基準」があります。実際に、事故による訴訟が非常に多く行われていて、過去の裁判例を集積して統計をとりまとめることで、慰謝料の相場がだいたい決められることになります。相場をまとめたものが「民事事故訴訟 損害賠償額算定基準」と「事故損害賠償額算定基準」であり、そこからも大体の額を計算することが出来ます。